ジャスティン・ビーバー、元恋人セレーナ・ゴメスの入院報道に大ショック!「自責の念を抱いている」と報じられる

ジャスティン・ビーバー

現在、体調不良で入院中の歌手セレーナ・ゴメス。かつて長年にわたって交際した元恋人で歌手のジャスティン・ビーバーの現在の心境が明らかとなった。E!Newsが伝えている。

ある関係者によると、ジャスティンは今回の報道に「完全に動揺している」という。セレーナと直接的な連絡は取っていないものの、ジャスティンはセレーナのことをかなり心配しているようだ。続けて、次のように証言した。

「ジャスティンは悲しみと自責の念を抱いていて、この難しい時期を乗り越えるのがどんなに大変かわかっています」「彼はセレーナに幸せになってほしいから、セレーナが健康問題と闘っていることを知り動揺しているんです」

TMZによれば、9月最終週、セレーナ・ゴメスは「気落ちし、感情的になり、腎移植後として白血球の数値が危険域にまで低下したため」親族が自宅から米ロサンゼルスの病院へ搬送。いったんは退院したものの、先週の時点で数値は改善せず、再び入院したという。

この報道後、ジャスティンは婚約者のヘイリー・ボールドウィンとドライブしている際にも、かなり落ち込んだ様子で手で顔を隠し、そして泣き崩れ手で目を押さえている姿がパパラッチされていた。

ジャスティン・ビーバー、教会の前で泣き崩れる! 原因は元恋人セレーナ・ゴメスの入院報道…?[写真・動画あり]

2018.10.12