セレーナ・ゴメス、精神ケア施設の入院は「無期限」! 回復の傾向が見られるまで滞在か

先日精神ケア施設への入院が報じられた歌手のセレーナ・ゴメス(26)だが、退院の見込みは今のところ立っていないそうだ。

セレーナ・ゴメスは9月最終週、「気落ちし、感情的になり、腎移植後として白血球の数値が危険域にまで低下したため」親族が自宅から米ロサンゼルスの病院へ搬送した。数日後にいったんは退院したものの、先週の時点で数値は改善せず、再度病院へ。そこで入院が決まったという。

Page Sixは、現在のところセレーナの入院期間は「オープンエンド」と報道。オープンエンドとは「無期限」「終わりが決められていない」といった意味合いだ。セレーナの回復状況次第といったところだろうか。

セレーナは現在東海岸の「East Coast psychiatric facility」に入院中で、「弁証法的行動療法」という手法の療法を受けているそう。これは主に境界性パーソナリティ障害の治療に用いられる方法で、主に個人精神療法、グループでのスキルトレーニングを用い、ネガティブな感情を減少させ、ポジティブな感情を増加させる効果が期待できるという。

セレーナは入院直前、5年間もの間うつを患っていることを告白。彼女はこれまでに何度も精神ケア施設に入り、メンタルヘルスと向き合ってきた。

セレーナ・ゴメス、再び精神ケア施設へ ジャスティン・ビーバー婚約後の攻撃&移植手術後の不調が原因か

2018.10.11

セレーナ・ゴメス、元彼にSNSで賞賛コメントをもらう! 彼女のことを堂々と応援するのはどの元彼・・・?

2018.10.07

セレーナ・ゴメス、元カレジャスティン・ビーバーのスピード婚に動揺! 「現実だと思えていない」と関係者

2018.10.05

「インスタグラムの女王」セレーナ・ゴメス、再びSNSを休止することを宣言! 「ネガティヴなコメントは誰かの心を傷つけるのよ」

2018.09.25