人気ドラマ「13の理由」、ギャラ交渉でシーズン3制作が遅れる可能性! 出演者が要求する1話あたりのギャラはいくら・・?

2019年にシーズン3が配信予定の、人気海外ドラマ「13の理由」。キャストのギャラ交渉で、間もなくスタートする予定の撮影が遅れる可能性が出てきた。Deadlineが伝えている。

Netflixで配信されているドラマ、「13の理由」はセレーナ・ゴメスがプロデューサーとして参加していることでも話題となり、「2017年世界で最もツイートされたドラマ」と言われるほどの、大人気シリーズとなった。

Deadlineによると、8月13日からシーズン3の撮影がスタートする予定だが、主要8人のキャストが出演料の交渉を継続しており、撮影スタートが遅れる可能性があるという。

クレイ・ジェンセン役を演じるディラン・ミネットは、1エピソードあたり約20万ドル(約2200万円)を要求。その他のキャスト、ブランドン・フリン、アリーシャ・ボー、ジャスティン・プレンティス、クリスチャン・ナバロ、マイルズ・ハイザー、デヴィン・ドルイド、ロス・バトラーは約15万ドル(約1650万円)を要求しており、パラマウントTVの提示額とは大きな隔たりがあるのだという。

シリーズ開始当初の出演料は、主要キャストが1話あたり2万~6万ドル、ミネットが8万ドル強であったというから、彼らの要求が通れば、大幅な昇給となる。

Deadlineによると、交渉はまとまる兆しを見せており、13日(月)からの制作には間に合うのではないか、という関係者のコメントを伝えている。

セレーナ・ゴメス、「コーチ」の2018年秋冬コラボコレクションの最新写真が公開! バッグだけでなく、アクセサリーと洋服でもコラボ[写真あり]

2018.08.10

セレーナ・ゴメスがレストランのウェイトレスになりきる動画が公開! 注文を聞いてまわる姿がおちゃめで超キュート[動画あり]

2018.08.09

人気海外ドラマ「リバーデイル」のスピンオフドラマの構想が進んでいることが明らかに

2018.08.08

絵文字だけでディズニーチャンネルの人気ドラマを表現! どの番組かわかる?

2018.08.07