アリアナ・グランデ、故アレサ・フランクリンの葬儀で司祭からセクハラ?

アリアナ・グランデに司祭がセクハラ?

8月16日に死去した“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの葬儀で、追悼パフォーマンスを行ったアリアナ・グランデ(25)に、司祭が公開セクシャルハラスメント? 本人が謝罪する事態となった。

葬儀に登場したアリアナ・グランデは、アレサ・フランクリンの代表曲「ナチュラル・ウーマン」を歌唱した。ところがパフォーマンスのあとに登場した、司祭チャールズ・H・エリス3世の手元が、アリアナの胸に触れているとして物議をかもす事態に。彼女自身のこわばったように見える表情もクローズアップされ、司祭は批判を浴びることとなった。

これを受け、エリス司祭はAPを通じて謝罪声明を発表。「意図的に女性の胸に触れたつもりはない」「もしかすると一線を超えてしまったかもしれない。もしかすると、私は過度になれなれしかったかもしれない」と弁解しながらも、謝罪を行った。

また、俳優マイク・コルターは、この一件をジョークにしたことで、謝罪をする羽目になった。セクシャルハラスメントを認めたわけではないとし、該当のツイートを削除した。

一方でアリアナ・グランデ本人に対して、短いスカートは、葬儀という場において不適切ではないかとの批判も起きている。

アリアナ・グランデ、故アレサ・フランクリンの追悼パフォーマンスで号泣 「彼女は私のヒーロー」

2018.08.17

テイラー・スウィフト、亡くなったソウルの女王アレサ・フランクリンへ追悼メッセージを贈る[動画あり]

2018.08.30

マドンナ、「VMA」でのアレサ・フランクリン【追悼スピーチ】に批判! 遺族の反応は?

2018.08.22

【ソウルの女王】アレサ・フランクリンが死去 享年76歳

2018.08.17