チャーリー・プース、故マック・ミラーへの悔しい気持ちを語る 「彼を助けようと思ってたんだ」

先日急逝したラッパーのマック・ミラー。彼と仲の良かった歌手のチャーリー・プースが、友人を亡くしてしまった今の心境を告白した。

チャーリー・プースはE!ニュースのインタビューにて「マック・ミラーとは6ヶ月前に知り合ったんだけど、すごく仲良くなったんだ。いい友達になれた」と話したチャーリー。「僕が彼を依存症から助けて、善の道、クリーンな人生に導こうといつも思ってた」と、マックを依存症から救おうとしていたと明かした。

マック死去のニュースを聞いた際チャーリーは「仲のいい友達が亡くなると、いつもその人にメールするんだ。なんでそうしちゃうかわからないけど・・・マックには『愛してるよ』ってメールした。返事が来ないと分かっているけど、そうしなくちゃって思ったんだ」と、彼にメールをせずにはいられなかったと語った。

マック・ミラーは9月7日、自宅で亡くなっているところを発見された。検死を行ったが、明確な死因は分かっていないが、多くのメディアは「明らかなるドラッグの過剰摂取」と報じている。マックは以前からドラッグや酒の依存症と戦っていた。

チャーリー・プースはマックの死の直後、ツイッターで「こんな風に友人を失い続けるなんて無理・・・もっと君と一緒に過ごせばよかった・・・ごめんね・・・」「最悪。本当に本当に最悪」と投稿している。

アリアナ・グランデ、故マック・ミラーの依存症克服に全力をつくしていた

2018.09.12

故マック・ミラー、危険運転事件は容疑者死亡によって不起訴が決定

2018.09.11

急逝したマック・ミラー、約10億円の資産があったことが明らかに

2018.09.11

急逝したマック・ミラー、母親が追悼の写真を投稿 以前には息子を「誇り」と綴った投稿も

2018.09.11

マック・ミラーの死を受け多くの著名人が追悼 エド・シーラン、ショーン・メンデス、チャーリー・プースらが悲しみに暮れる

2018.09.10