ショーン・メンデス、SNSを利用するプレッシャーを告白! 「良い投稿じゃないかも、って不安なんだ…」

歌手のショーン・メンデスが、SNSを利用する際に大きなプレッシャーを感じていることを明かした。TeenVogueが伝えている。

これまでは頻繁にファンへの愛や感謝を投稿するなど、SNSでの動きが活発だったショーンだが、最近はツイート数が減少。その理由について、ショーン本人が説明した。

そんなショーンが昨日、ツイッターにその胸の内を告白。ショーンは「最近SNSを動かせていなくてごめんね」とファンを思いやったのち、続けて以下のように話した。

「ずっとSNSとの関わり方について葛藤してきたんだけど、投稿しなくちゃいけない気がするからといって、望んでないのにSNSをするようなことはしたくないんだ」

加えて「正直に言うと、僕がたくさん投稿したくない理由は、もしかしたらこの投稿は皆が満足してくれるような投稿じゃないかも、って不安だからなんだ…」と、周囲からの評価を気にしてしまうことも明かした。

そんなショーンに対し、ファンたちは「したい時に投稿してくれればいいよ」「そのままでいいのよ」と力強い声援を送っている。

ショーン・メンデスはセルフィーの達人! ファンとのセルフィー撮影の効率が良すぎてビックリ[動画あり]

2018.09.28

ショーン・メンデスとゼッドがコラボ!桜ジャケットが目を引く「ロスト・イン・ジャパン(リミックス)」リリース! 刺激的なリミックス・ヴァージョンが誕生

2018.09.28

ショーン・メンデス、実は秘密の日記をつけていた! その内容とは

2018.09.27