「ホーム・アローン」マコーレー・カルキン、「ビッグバン★セオリー」の出演オファーを三度も断っていた

マコーレー・カルキン

かつて子役として大スターだったマコーレー・カルキン(37)が、人気海外ドラマ「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」の出演オファーを、三度も断っていたことを明らかにした。

Joe Rogan Experienceのポッドキャスト番組に出演したマコーレー・カルキンは、「BBT」からキャスティングの打診があったことを暴露。しかし「ノーと答えた」と、断ったことを明かした。

「ふたりのオタクと美女ひとり」という番組の趣旨を説明されたが、彼の答えは「結構です」

「でもまたやってきて誘うんだ。ノーノーノー、またおだてられたけど、でもノー」

「それからまたまたやってきた」そのときは、さすがにマネージャーからも話を受けるべきだとせっつかれたという。

いまや「BBT」は、もっとも人気のある番組のひとつだ。マコーレー・カルキン自身も「もし出演していれば、何百万ドル稼げただろうね」と認めている。

人気ドラマ「ビッグバン★セオリー」、シーズン12以降も継続の可能性? キャストの「潮時」発言に対し、局側は「せめてあと2シーズン」

2018.08.06