UKが誇る国民的スター、オリー・マーズ 約2年ぶりの待望の新作は豪華2枚組! SPコラム第1回: 過去ヒット作14曲でオリーの軌跡を振り返る

オリー・マーズ

イギリスが誇る人気ポップスター、オリー・マーズの約2年ぶりとなる新アルバム『ユー・ノウ・アイ・ノウ』が11月21日に発売となる。

今作は、ポップなオリー節が炸裂した新曲14曲と、過去のヒット作14曲が詰まったベスト盤で構成されており、オリーの魅力を存分に味わうことができる、楽しみな内容となっている。

そこでこのコラムでは2回に分けて、オリー・マーズの新アルバムの全貌に迫っていきたい。1回目の今回は、アルバムに収録される14曲の過去のヒット曲をピックアップしながら、オリーのデビューからこれまでの軌跡や、過去4回の来日について振り返ってみたい。


オリー・マーズのヒット曲をピックアップ!

プリーズ・ドント・レット・ミー・ゴー

オリー・マーズは、2009年に英オーディションTV番組「X ファクター」に当時25歳で参加。卓越した歌唱力はもちろん、ステージ上から観客を惹きつけるスター性や人懐っこいキャラクターで見事準優勝に輝く。審査員サイモン・コーウェルは、オリーの初ステージを採点した際に「こんなに簡単に合格を出せたことはないよ」と大絶賛した。

「X ファクター」にて鮮烈な印象を残したオリーは、翌年2010年、シングル曲「プリーズ・ドント・レット・ミー・ゴー」でデビューを果たす。するといきなり全英チャートで初登場1位を獲得。デビュー・アルバム『オリー・マーズ』も全英2位まで上り詰めた。

Olly Murs – Please Don’t Let Me Go (Official Video)

トラブルメイカー feat. フロー・ライダー

そしてオリーは、2012年、日本でも大ヒットしたシングル曲「トラブルメイカー feat. フロー・ライダー」をリリース。つい一緒に口ずさんでしまう、中毒性のあるメロディーラインに加え、ドラマ風に仕上がったミュージック・ビデオでのオリーの演技も光る一作だ。

Olly Murs – Troublemaker ft. Flo Rida

ラップド・アップ feat. トラヴィー・マッコイ

オリーが、2014年に発表した「ラップド・アップ feat. トラヴィー・マッコイ」も日本のファンになじみの深い曲。錦織圭さん出演のアサヒのCM曲「アサヒドライゼロフリー」TVCMソングとして使われたほか、現在、MLBロサンゼルス・エンゼルスで活躍する大谷翔平の登場曲としても使われている。アップテンポで爽快なメロディーが自然に気分を高めてくれる。屋外でのパーティーやドライブ中に聞きたくなる一曲だ。

Olly Murs – Wrapped Up (Official Video) ft. Travie McCoy

アップ feat. デミ・ロヴァート

「アップ feat. デミ・ロヴァート」は、ディズニー・チャンネル出身で、人気歌手のデミ・ロヴァートとのデュエット曲。愛し合っていたが、いつしか心がすれ違ってしまった男女の切ない思い、葛藤を描いているが、しかしもう一度二人で「上(up)に」向かおうとする力強く感動的な曲となっている。ミュージック・ビデオは、1つの壁で隔てられ、別々の部屋にいるオリーとデミが、もがき苦しみながらも、そこから変化を起こそうとする映像が印象的だ。

Olly Murs – Up (Official Video) ft. Demi Lovato

これまで4度来日! 来日時のハイライトを振り返る

オリーはこれまでに4度の来日を果たしている。

オリー・マーズ

2015年1月 ハッピを着てポーズ

オリーの初来日は、2013年11月。渋谷SOUND MUSEUM VISIONでおこなわれた単独公演は完全ソールドアウトとなったほか、翌月に開催されたワン・ダイレクションの初来日公演のオープニング・アクトにも抜擢され、抜群のライブパフォーマンスと持ち前のフレンドリーさで、幕張メッセに集まった多くのファンを一瞬でオリーの魅力の虜にした。

オリー・マーズ

2013年11月 初来日公演

翌2014年2月には東阪での単独公演で再来日。両公演とも完売となったほか、ミーグリ企画も実施され、日本のファンとの触れ合いを満喫した。

こちらに、この時のツアーの熱気とファンとの触れ合いの様子が収められた映像がある。日本のファンを喜ばせようと全力でパフォーマンスするオリーの姿。そして、オリーを応援しようと、手作りのメッセージボードを掲げる日本のファンの姿などがフィーチャーされ、まさに“相思相愛”の映像となっている。

Olly Murs – Troublemaker (On Tour in Japan)
2014年の東阪単独公演のツアー映像

オリーはさらに翌2015年1月、8月にも来日。8月に来日した際は、人気巨大音楽フェス「サマーソニック」に初出演。フェスということもあって、オリーを初めて見る観客も多かったが、出番の冒頭から、全力で歌いまくり踊りまくりの超人的なパフォーマンスを披露。一瞬で会場を支配してしまう様は圧巻と言うしかなかった。

オリー・マーズ

2015年8月 サマーソニックのステージにて by (c)Kazumichi Kokei

またオリーは2015年、アルバム『ネヴァー・ビーン・ベター』の日本盤ボーナス・トラックとして、故・坂本九氏の名曲「上を向いて歩こう」の英語カヴァー「ルック・アット・ザ・スカイ」を発表。英語詞を手掛けたオノ・ヨーコがオリーのカヴァーについて、「貴方に歌ってもらえて良かった。貴方はこの曲に新たな命を吹き込んだと思うの」と絶賛する最高の仕上がりとなった。また様々な老若男女が、日々の生活の中で経験する悲しみや孤独を、時には支え合いながら新しい一歩を踏み出して行く風景が描かれミュージック・ビデオには、徳光和夫氏が特別出演したことでも話題となった。

オリー・マーズ「ルック・アット・ザ・スカイ」ミュージック・ビデオ

ワン・ダイレクションとは超なかよし

オリー・マーズは、同じ「X ファクター」の出身であるワン・ダイレクションのメンバーたちととても仲がよいことでも知られている。

https://www.instagram.com/p/BmjDdaGAQXR/+

View this post on Instagram

When I was in @onedirection 😝 #TBT #2012

Olly Mursさん(@ollymurs)がシェアした投稿 –

2013年に初来日した際、オリーは自身の単独公演に加えて、「ワン・ダイレクション」(1D)の初来日公演のオープニング・アクトも務めた。ちょうど日本公演が、1Dにとってワールドツアーの最終地であったため、オリーと1Dのメンバーはそのまま東京で打ち上げパーティーを開催。各自が思い思いのハロウィーン衣装を着て、東京での夜を思いっきり楽しんだようだ。

オリー・マーズ

オリーはこの時の様子を来日インタビュー動画の中で話してくれている。

【動画】UKポップスター オリー・マーズ初来日インタビュー[1Dとの打ち上げの話は2:33~]

また、2015年に来日した際は、TVGrooveのインタビューの中で、1Dのメンバーで誰を親友、兄弟、息子にしたいかを聞かれ、とても興味深い回答をしている。

【動画】オリー·マーズ来日インタビュー!兄弟·息子にしたい1Dメンバーとは?[1Dの話題は7:43~]

約2年ぶりの新作『ユー・ノウ・アイ・ノウ』は新作&ベスト盤の最強2枚組!

2010年のデビューから、4つの全英1位シングルと8つのトップ10シングルを世に送り出し、2ndアルバム以降は4作連続全英チャート1位獲得という、輝かしい業績を積み重ねてきたオリー・マーズ。その卓越した音楽センスはもちろんだが、それに加えて、会う人を一瞬で虜にしてしまう、陽気でフランクな人柄や、皆を最高に気持ちよくさせてくれるエンターテイナーとしての優れた能力、そういった要素全てがオリーの魅力と言えるだろう。

間もなくリリースされる新アルバム『ユー・ノウ・アイ・ノウ』は、オリーのみが知る新曲たち(アイ・ノウ)を収録した Disc1 と、誰もが知っている(ユー・ノウ)ヒット曲たちを収録したDisc2 からなる2枚組構成となる。

Disc2 にはオリーの過去5枚のアルバムから本人がセレクトしたヒット曲が、たっぷり14曲収録。国内盤が存在しない1stと2ndアルバムからも計3曲が収録されている。オリーの音楽をまだあまり聞いたことがない人には、最高の入門盤になるだろう。またオリーの曲を聞いてきた人にとっても、イギリスNo.1ポップスターに上り詰めたオリー・マーズが自ら選んだ珠玉のヒット曲の数々を堪能してほしい。

View this post on Instagram

I KNOW YOU KNOW my new album is out at midnight tonight 😝😝 who’s ready?!

Olly Mursさん(@ollymurs)がシェアした投稿 –

次回コラム予告:

次回は、新アルバムの新曲たち(アイ・ノウ)が収録されたDisc1にフォーカスをあてる。

UKが誇る国民的スター、オリー・マーズ 約2年ぶりの待望の新作は豪華2枚組! SPコラム第2回:大注目の新作をレビュー

2018.11.21

 

リリース情報:

Olly Murs | オリー・マーズ
You Know I Know | ユー・ノウ・アイ・ノウ

2018年11月21日(水)発売
UK: 11月9日(金)発売
SICP-5925〜5926 \2,800+税
●歌詞・対訳・解説付き ●2枚組

☆商品購入リンクはこちら

エド・シーラン作詞・作曲、「ムーヴス feat. スヌープ・ドッグ」収録!

■トラックリスト

DISC 1
  1. Moves feat. Snoop Dogg|ムーヴス feat. スヌープ・ドッグ
  2. Go Hard|ゴー・ハード
  3. Love Me Again|ラヴ・ミー・アゲイン
  4. Excuses|エクスキューゼズ
  5. You Know I Know feat. Shaggy|ユー・ノウ・アイ・ノウ feat. シャギー
  6. Feel The Same|フィール・ザ・セイム
  7. Somebody New|サムバディ・ニュー
  8. Mark On My Heart|マーク・オン・マイ・ハート
  9. Take Your Love|テイク・ユア・ラヴ
  10. Maria|マリア
  11. Talking To Yourself|トーキング・トゥ・ユアセルフ
  12. Younger|ヤンガー
  13. Love You Better|ラヴ・ユー・ベター
  14. Footsteps|フットステップス
DISC 2:
  1. Dance With Me Tonight|ダンス・ウィズ・ミー・トゥナイト
    2nd AL『イン・ケース・ユー・ディドゥント・ノウ』&3rd AL『ライト・プレイス・ライト・タイム』国内盤収録
  2. Troublemaker feat. Flo Rida|トラブルメイカー feat. フロー・ライダー
    3rd AL『ライト・プレイス・ライト・タイム』収録
  3. Up feat. Demi Lovato|アップ feat. デミ・ロヴァート
    4th AL『ネヴァー・ビーン・ベター』収録
  4. Heart Skips a Beat feat. Rizzle Kicks|ハート・スキップス・ア・ビート feat. リズル・キックス
    2nd AL『イン・ケース・ユー・ディドゥント・ノウ』&3rd AL『ライト・プレイス・ライト・タイム』国内盤収録
  5. Dear Darlin’|ディア・ダーリン
    3rd AL『ライト・プレイス・ライト・タイム』収録
  6. Wrapped Up feat. Travie McCoy|ラップド・アップ feat. トラヴィー・マッコイ
    4th AL『ネヴァー・ビーン・ベター』収録
  7. 7. You Don’t Know Love|ユー・ドンド・ノウ・ラヴ
    5th AL『24 HRS』収録
  8. 8. Kiss Me|キス・ミー
    4th AL『ネヴァー・ビーン・ベター(スペシャル・エディション)』(輸入盤)収録
  9. Please Don’t Let Me Go|プリーズ・ドント・レット・ミー・ゴー
    1st AL『オリー・マーズ』&3rd AL『ライト・プレイス・ライト・タイム』国内盤収録
  10. Thinking Of Me|シンキング・オブ・ミー
    1st AL『オリー・マーズ』収録
  11. Unpredictable (with Louisa Johnson) |アンプリディクタブル (with ルイーザ・ジョンソン)
    5th AL『24 HRS』収録曲の新バージョン(配信限定シングル)
  12. Grow Up|グロウ・アップ
    5th AL『24 HRS』収録
  13. Busy|ビジー
    1st AL『オリー・マーズ』収録
  14. Right Place Right Time|ライト・プレイス・ライト・タイム
    3rd AL『ライト・プレイス・ライト・タイム』収録

オリー・マーズ プロフィール

  • イギリス出身、1984年5月14日生まれ(現在34歳)
  • 2009年に英オーディション TV 番組「X ファクター」に当時25歳で参加。歌唱力はもちろん、ステージ上から観客を惹きつけるスター性や人懐っこいキャラクターで見事準優勝に輝く。審査員サイモン・コーウェルは、オリーの初ステージを採点した際に「こんなに簡単に合格を出せたことはないよ」と大絶賛!
  • 大のサッカー好きとしても知られ、ケガで選手生命を絶たれるまで、セミプロリーグでサッカーをしていたほどの実力の持ち主である。
  • 2010年にリリースしたデビュー・シングル「プリーズ・ドント・レット・ミー・ゴー」でいきなり全英チャートで初登場 1 位を獲得し、デビュー・アルバム『オリー・マーズ』は全英2位に。その後は、4つの全英1位シングルと8つのトップ10シングルを世に送り出し、2ndアルバム以降は4作連続全英チャート1位獲得という不動の国民的スターの地位を築き上げた。
  • 2013年11月の初来日時には単独公演が完売し、同時期に行われたワン・ダイレクションの初来日公演にもオープニング・アクトで登場。また、翌年2月には東阪での単独公演で再来日し、両公演とも完売。日本国内でも多くのファンを獲得している。
  • 約2年前にリリースされた前作『24 HRS』をひっさげて行われた UK ツアーでは24公演でソールドアウトし、60万枚以上のチケット販売数というライブアクトとしても堂々の人気っぷり。
  • 2018年1月から放送されたオーディション番組「The Voice UK」の審査員に抜擢。トム・ジョーンズ、ブラック・アイド・ピーズのリード・メンバーであるウィル・アイ・アム、ジェニファー・ハドソンと共に審査員として番組を盛り上げた。2019年に放送される次のシーズンでも審査員を務めることが発表されている。

ディスコグラフィー 過去4作連続全英1位獲得!

1st 『Olly Murs』 <UK 初登場2位> *国内盤なし

★2010年11月27日発売
★Sg「Please Don’t Let Me Go」 <最高1位>
★Sg「Thinking Of Me」 <最高 4 位>

2nd 『In Case You Didn’t Know』 <UK 初登場1位> *国内盤なし

★2011年11月25日発売
★Sg「Heart Skips A Beat feat. Rizzle Kicks」 <最高1位>
★Sg「Dance With Me Tonight」 <最高 1 位>

3rd 『Right Place Right Time』 <UK 初登場1位>

★2013年10月9日発売(UK:2012年11月26日発売)
★Sg「Troublemaker feat. Flo Rida」 <最高1位 2 週連続>
★Sg「Dear Darlin’」 <最高 5 位>

4th 『Never Been Better』 <UK 初登場1位>

★2015年1月14日(UK:2014年11月21日発売)
★Sg「Wrapped Up feat. Travie McCoy 」 <最高3位>
★Sg「Up feat. Demi Lovato」 <最高 4 位>

5th 『24 HRS』<UK 初登場1位>

★2016年11月24日発売(UK:2016年11月11日発売)
★Sg「You Don’t Know Love」 <最高 15 位>
★アルバムから「Unpredictable」にルイーザ・ジョンソンを迎えて配信限定リリース!

次回コラム予告:

次回は、オリー・マーズの新アルバムの新曲たち(アイ・ノウ)が収録されたDisc1にフォーカスをあてる。

UKが誇る国民的スター、オリー・マーズ 約2年ぶりの待望の新作は豪華2枚組! SPコラム第2回:大注目の新作をレビュー

2018.11.21